メーカー製よりもBTOをおすすめする理由

え?なんで最初にメーカーから決めてるの!?

先日、パソコンに詳しくない知人が買い換えようとしていました。話を聞いたところ「どのメーカーにするか迷ってるんだよね。VAIOかLets Noteならどっちがいいの?」なんて質問をしてきました。

 

もう憤慨です。パソコンを選ぶ際に最初にメーカーから決めるなんてありえません。そもそもパソコンブランドによって何が変わるんですか?デザインと価格くらいですよね?有名なメーカー製パソコンが高性能なんてことはないのですから。

 

パソコンはパーツ選びがすべて

考えてもみてください。Core i7-4770、メモリ4GB、GeForce GTX750のデスクトップがあったとしましょう。このデスクトップがSONY製かPANASONIC製かDELL製かで何が変わるんでしょうか。

 

性能は一緒ですよね。ケースの見た目が違うくらいです。それに加えて、メーカー製はムダに高いです。ブランド価値を高めて、高額でパソコンを販売しているのです。こんなのに引っかかるのは情報弱者くらいですよ。

 

じゃあ、どうやってパソコンを選べばいいの?

パソコンに詳しくない人は当然こういう疑問が湧いてくるはずです。パーツが同じで性能が同じなら、どのメーカー製パソコンを選んでも一緒です。それならやはり重要なのは価格です。

 

メーカー製とBTOパソコンの価格を比較してみてください。数万円は差がありますよ。つまりBTOパソコンは有名メーカーよりもずっと安いんです。特に激安なのがドスパラです。

 

ドスパラはノートパソコンもデスクトップの本当に種類が多く、それも激安で販売しています。安いから性能が悪いなんて思わないでくださいね。むしろ逆です。激重オンラインゲームだってスムーズに動かせるくらい高性能です。

 

だからあなたがパソコンを買い換えようと思っているなら、メーカー製を選ぶのだけはやめてください。ドスパラのような良心的な価格でパソコンを販売しているBTOをおすすめします。

 

ドスパラの詳細はこちら