パソコン買い替えの頻度・年数

しばらく使っていると重くなりませんか?

「パソコンは何年間使えばいいのでしょうか?」「何年周期で買い替えるのがおすすめでしょうか?」こんな質問・疑問をあちこちの掲示板で見かけます。確かに気になるポイントですよね。

 

パソコンは使い続けているとどんどん重くなります。パソコン本来の耐用年数が10年だったとしても、数年使っているだけで、Internet Exploreを起動するのも重いと感じるようになります。

 

私は何度もパソコンを買い換えています。その理由は故障ではなく重くなったからです。そして2〜3年ごとに必ず新しいパソコンを購入しています。

 

なぜ2〜3年の頻度で買い替えるのか

私が2〜3年という頻度で買い換えているのにはもちろん理由があります。まずWindowsパソコンの特性が原因です。どんなにハイスペックなパソコンを使っていたとしても、しばらくの年数が経つと重くなります。

 

ディスククリーンアップ、デフラグ、ソフトウェアのアンインストール、レジストリの掃除をしても無駄です。ほとんど何も変わりません。Windowsをクリーンインストールしない限り解決しません。そういうものなのです。

 

Windowsの発売日に注目!

もう1つの理由はWindowsの発売日です。Winodwsは2〜3年の頻度で新しいバージョンが発売されています。新しいWindowsは以前よりも絶対に要求スペックが上がります。

 

XPが512MBのメモリで余裕だったのに、Vistaでは1GB、7では4GBが必要だと言われています。それと共に、ソフトウェアやウェブサービス、オンラインゲームの要求スペックも向上します。

 

だから古いWindowsで最新のソフトウェアやオンラインゲームを動かすと重くなってしまうわけです。2〜3年ごとに買い替えれば、いつでも快適にパソコンが動いてくれます。

 

あなたが今のパソコンを買ってからどれくらいの年数が経過していますか?4年以上前のものなら、今すぐパソコンを新調することをおすすめします。